旅するようにくらす

明るく楽しい、旅するブログへよ〜こそ

地獄変~大人の読書感想文~

今年はカナダ建国150周年ということで、巷では賑わっている。

先日7月1日建国記念日はそんな年にこの国にいれて光栄と思う反面、我が国日本に益々の想いを馳せている自分がいた。

ちょうどその頃、司馬遼太郎の「幕末」を各章のんびり読んでいた。この国がイギリスから独立したころ日本は幕末の志士たちが明治維新に向けて慌ただしく駆け回っていた。

世界が変わろうとしていた。

 

芥川龍之介が世に現れたのはそのわずか25年後だ。単に昔、といえば昔だがそのような視点から両国を見つめると浪漫を感じて仕方が無い。

彼は芸術的な、というか病的なかなりぶっ飛んだ発想の持ち主であったにちがいない。

 

地獄変はとても気味の悪く残酷な話だ。

今思い出すだけでも後味が悪い。

芥川作品は平安鎌倉時代頃の古典文学をベースにしたものが多く、京都が舞台なのでやけにリアルに感じられる。特に現代語訳されていないものを読んだ為か人々が苦しむ場面などの生々しさがより脳裏に鮮明に地獄絵を思い描かされる。

しかもそれが全て主人公の絵師の絵のための犠牲というところが更に驚愕である。

こうゆう類いの作品は本に限らず、気分が沈んだ時やストレスが溜まっている時に見るほうがいいと個人的に思う。

 

あと話の中に出てくる猿が妙に気になる。

後ででてくる町人や僧侶が噂をしたように、いかに芸能に秀でようとも人としての五常を忘れてはならぬという話は最もなことながら、あれはきっと良秀の生粋の微々たる良心の部分で彼は非道極悪人ではなく人は誰しも産まれた時からの悪人は居らず、理由があって悪人、しいては罪人になる、という私の個人的な信条を証明しているかのような場面と捉えられた。

 

それは現代における日常にも当てはまる事実で、誰しもが遭遇することがあるのではないか。

 

 100年前と今では文化が違う。

しかしながら、同じ人間、歴史に学ぶことはたくさんある。

 

 

電子書籍

ブログリクエスト頂きました~
しばらくお休みしてました。

 

イヤハヤ、夏も真っ盛りということで、今日は久しぶりに大人の読書感想文。

 

その前に私実は電子書籍というのに慣れなくて、やっぱり昭和女子としては紙に印刷した本を読みたい派だということを言っておく。


あの本の厚み、紙に染み付いたインクの匂い、、とまで偏屈なことは言わないが、あの一ページ一ページ丁寧にめくる感じが好き。

 

でも今回は出先で本を持参していなかった為に携帯にダウンロードしていた本を読むことに。考えてみれば電子書籍のメリットはいくつもある。

こうして海外や書店、図書館のそばにいなくても出先でも簡単に手持ちの携帯から好きな作品を探して読むことができる。
しかも持ち運ぶと相当重いだろう本を何冊も。
戻りたいページがあれば簡単に見つけることが出来る。

最近人気の?オーディオブックというのも試してみたけどマルチタスクが苦手な私には便利に聞き流す本というコンセプトがどうも合わないようだった。


しかし煌々と光る電化製品の画面を何時間も直視し続けるという反自然的行動に疲れるのは私だけでなく人間だれしもなはず。

 

意外と前置きが長くなったので読書感想文は次のブログで!!

 

 

 

 

続く...

人間らしい一日

早起きをする。

体に良いものを食べる。

体を動かす。

庭仕事を手伝う。

 

仕事にいく。

夕方に帰って夕食を作る。

公園でウクレレを弾いてみたり、本を読んでみたり。

 

最近は日が沈むのが9時半ごろといつまでたっても明るいので夜の時間ものんびりできる。自分に向き合う時間を作ることは誰にだって必要。

 

自分が幸せでなければ周りの誰も幸せにすることなどできない。

そのバランスが大事。

 

 

不必要なものがだんだん減って自分に必要なもの、

良いものを五感で楽しむ、そんな感覚がついてくる感じがする。

 

 

f:id:misaki150178:20170625004102j:plain

トマトと庭のハーブをグツグツ・・・

幸せの材料

自分に悪口を言わないこと

 

 自分に不利な選択をしないこと

 

 

 

あなたは幸せか不幸せを選ぶことが出来る

 

 

 

 

それから毎日ピクルスを食べること

 

 

 

 

 

 

f:id:misaki150178:20170514063703j:plain

晴れたり曇ったりのバンクーバー。まだ外は肌寒い。

 

 

 

 

 

 

 

食中毒

久々に病気になったと思ったら・・。

 

食中毒っっ!!!

 

もちろん自己診断の結果。

一口に食中毒といっても細菌性、ウイルス性、科学性、寄生虫、自然毒などその種類は様々で症状や潜伏期間も異なるという。

 

私の場合は海外旅行に行ってきた子どもから移ったからウイルスだな、ウイルス。

メキシコから私の胃まで旅してきた強力なやつ。

 

吐いたり熱出たりなんだかしているうちに一日暖かくしておかゆ食べて太田胃散飲んでよく寝たらましになった。良かったね。

 

今年になってから特に免疫力を上げるために意識的にやってきたことが功をなして一日で治ったんだと思う。あっぱれ自分。

 

 

 

f:id:misaki150178:20170424035049j:plain

初めてピクルス漬けてみた へへへ

 

瞑想

「瞑想」をはじめて今日で12日目。

 

最近は朝ご飯食べてからか夜寝る前一日一回試みている。

 

別になんかの宗教とかじゃあないよ

 

 

瞑想ってやればやるほど奥が深くてもっと知りたくなる。

 

 

例えば飛行機に乗った時、雲の上はいつも晴れている、

 

 

そんなことは忙しい日常生活の中でみんな忘れている事実だと思う。

 

そうゆうことを思い出させてくれる効果がある。

 

 

自分の感情をコントロールするのが上手になってきた感じもしてる。

 

 

怒り、悲しさ、寂しさ、緊張、焦り、各種欲求などを傍観することが出来る。

 

 

 

まあ忙しくてそんな時間ない、という人もいるかもしれないけど、一日の中の10分の投資が自分の人生に相当の影響力があるってことに気づくはず。

 

 

 

なんでもやってみるもんだな、と思う。

 

 

 

私の場合はこころの余裕がたくさんできてもっと時間を上手に使えるようになってきたかな。

また気が向いたらその数え切れないほどの効果を書くことにしよう。

 

 

 

 

 こちらは初心者におすすめの瞑想説明書

How to Meditate - How to Meditate

 

 

この怪しげなおっさんが説明してるビデオも要注目Peace

youtu.be

ミニマリズム

一カ月ぶりの更新ということで。ども、ご無沙汰してます。


一年前の今頃は日本に帰っていて、桜がちょうど満開の春の素晴らしい季節が楽しめた。もうそろそろ満開な頃かな。


ここバンクーバーではまだ季節の変わり目の雨が降り止まない。毎日、雨、雨、雨。そしてまた雨。
個人的にはじめじめした雨は好きじゃない。雨の音を楽しむ、などという考え方もあるが、私はカラッと晴れた青空が好きだ。

 

ここ一ヶ月は身の回りの整理期間と勝手に決めて持ち物から何から自分に不要なものの処分、そして整理を試みた。

 

単にものを減らす、とう概念ではなく重要なのは整理すること。

そうする事で大事なもの、本当に必要なものが見えてくるという気づきがあった。

 

 

クローゼットはまるで自分の脳の中のようだった。苦手だった服の整理をすることは意外に頭を使うし心を使う。


今まで手放せなかったものを手放したとき、気分が変わる。


何故そんなに執着していたのかという気すら起こる。

 

 

たまには思い切ることも必要だ。

 

そして本当に大事なものの存在を理解しもっと大切にしようという心がうまれる。

 

 

 

全ての選択は自分次第だ。

 

 

f:id:misaki150178:20170409134620j:image