読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するようにくらす

明るく楽しい、旅するブログへよ〜こそ

パスポート更新

パスポート期限切れの危機が迫っていたため、先日更新に行ってきた。

 

パスポートを更新するには当然ながら証明写真がいるわけで、その写真を撮るべくどこで写真が撮れるか調べてみた。

 

今私の住んで居るところではそんなに証明写真機ならぬのものを見かけたことがない。

単に注意を払っていなかったからだけのことかもしれないが、私の記憶が正しければ、日本なら5メートルおきに(まあそれは言い過ぎか)証明写真機がある。

多分、履歴書や免許証にも写真を貼るから需要が高いが故だと推測。

 

兎も角、領事館のの近くに4枚10ドルで証明写真を撮ってくれるところがあると事前にネットで情報を得てそこに行ってみる。

 

その住所につくと、小さな商業複合施設のようなところの角に売店があり、奥になにか印刷屋のような看板がでていた。

入り口に小さく色あせた「証明写真とります」的なサインを発見。

なんとなく奥の印刷屋に入っていく。

 

「あの、パスポート用の証明写真とりたいんですけど・・」

 

「ああ、それなら角のタバコ屋よ。」

 

「えっ、あの小さい売店っすか?」

 

「そう、行ってみて。」

 

「・・・・・・。」

 

 

その小さなタバコ屋と言われた小さな売店にはいると閑散とした店内に中国人女子が一人。

 

「あの、パスポート用の写真がとりたいんですが・・・。」

 

彼女は早速めちゃくちゃ中国語なまりの英語で、

「オッケ。ワットカンツリーパスポートユーニードゥ?国によってサイズが違うからね。準備できたらその椅子に座って。」と説明しながら、カメラを掴んだ。

電化製品大国日本から来た私が、驚くほど古そうなその二◯ンのカメラ・・・。

「ジャパン。35mmx45mmでお願いします。」

 

コートを脱ぐと、「あなた、マフラーも取った方がイイヨ。」

はい、とります、とります。そして鏡チェック。

 

「前髪これでいいっすかね?」

 

「眉毛見えたほうがイイヨ。」

 

言われるがままに所定の場所に座りいよいよ写真を撮るときがやってきた。

彼女は例のカメラを構え、パシャりパシャりと何枚か連写。

 

あれ?なんか震えてません?カメラがえらい振とうしているように見える。

いやいや、10年使う写真ですのでブレてたら困るんっすよ。

 

渾身の一枚を見せてくる彼女。

 

そうして何枚か取った後、一応選んですぐに印刷が出来上がった。

パスポート規定のサイズに切ってくれている間、写真の右側の私の顔の一部分になんだか白い光が反射しているように見えたがまあ、気のせいかと思って気にしないことにした。

ネットの情報によると、確か4枚10ドルだったはずだが何故か2枚で約17ドル請求される。

ぼったくりやん、と思って反抗してみたがすでにとき遅し、もう撮っちゃったから無理。の一言。

え、撮っちゃっても値段くらい変えられるよね・・・?

 

 

とりあえず、あまり納得はできないまま料金を支払い領事館に向かう。

その日は雪だったためか人がおらずすぐに対応してもらえる。

申請書を書き、写真を提出。

 

すると係りの方が、

「・・・・・。コレ・・・?」

 

「はい・・・?」

 

「なんだか光が白く反射してますねー、それとこの首のところの緑の点はなんでしょう?」

 

ん?何?それは気づかなかったぞ?よく見ると確かに首のところに焦点を当てる緑の光のようなものが見える。

 

「ちなみにこの写真どこで撮りましたか?」

 

「えっと、この近くのコンビニで・・・ワラ」

 

「ああ・・・。」

 

先ほどの出来事を説明。係りの方は申し訳なさそうに、10年使うんだったらと撮り直しを勧めてきた。

 

とはいえさっきのところでは撮りたくなかったので、とりあえず返品しにいくことに。

 

「ハローアゲイン。」

 

先ほどの女性は客と何やら賑やかにあちらの言葉を交わしている。

 

写真を差し出し事情を説明、返金してほしい旨を伝えた。

 

え?ダメなの?なんで???

と言わんばかりだ。

 

もう少し押し問答があるかとは思ったが、案外すんなりとレジに手を伸ばす中国人女性、そして一言、

 

「まあ、あんたは悪い奴じゃあなさそうだから金は返してあげるよ。」

 

イヤイヤイヤ、そのどこまでも上目線な感じさすがっす。

 

その後、予備に調べておいた町の写真屋さんで証明写真を撮影。

国別のパスポート規定写真サイズはタッチパネルで設定される。指定の場所に立ち、カメラの調整(何故かまた手持ちカメラだったが)、もちろんフラッシュの調整も素早くやってくれて、なんだか不思議な安心感。値段は4枚13ドル程だった。

少し遠かったけど、行った甲斐あり。

 

 

 

何はともあれ最初の写真の分は返金されてよかった。

しかしながら帰り道、ふとあの私の証明写真はどうなってしまうのかと心配になってしまったのであった。

 

 

パスポートは無事更新の手続きに入っている模様。

 

 

 

 

 

f:id:misaki150178:20170206040716j:plain

雪の中を行ったり来たり。あほらし