読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅するようにくらす

明るく楽しい、旅するブログへよ〜こそ

ホットヨガ

みなさんこんにちは。

はい、わたしです。昨日吐きましたわたしです。
(このブログには不清潔な表現が含まれています。食事中の方は注意してください)

 

昨夜、ルームメーメイトに誘われてホットヨガに行ってきた。
初めてではなかったのでヨユーぶっかましていったのが間違い。


まず家からトロトロ歩いて行ったら思いの外遠くて、遅刻したみたい。
通常遅れたら入れないんだけど、ラッキー?な事に先生も遅れてて、「今から始めるし早よ入り!」みたいなことを言われる。(お得意の関西弁訳)
はいよ、準備を済ませ、マットとお水ボトルをしっかり掴んだ私はヨガの部屋に入る。

 

くっ!!くっせーーー!!!!!!

 

 

ヨガのお部屋は37.8度に設定されていて、湿度が高い。しかも男性陣の多いこと。既に汗まみれのおっさんら、ヤバヤバ。

入ったのが最後だったので、私は有無を言わされずおっさんとおっさんの間でやる事に…。嫌な予感がする。
90分も耐えられるだろうか。

 

最初のポーズ、まずまず。やったことあるのでわかるわかる。ポーズもバランスを崩さないようになんとか頑張ってみる。フラフラしながらもなんとか出来なくはないかな。

 

でも…おっさんから異臭が漂って来る。特に左の。見ると超汗まみれでグロテスクな、、(失言をお許しください)しかも私のマットに汗がたくさん飛んでくる。ひえーー


段々臭いと暑さに耐えられなくなってくる。右のおっさんも相当へたばってきたのか、「うー」とか「あー」とか「おまいがー」とか言ってる。

 

本来なら身体伸ばして、汗かいて気持ちいいー!となるはずだが私の集中は鼻の不快感に行ってしまい、中々ヨガを楽しめる状況ではない。
それこそオマイガだ。

 

心身ともに疲れ切った私はついにポーズを諦め、死んだように座っていた。

 

 

するとまた災難が。
さっきから今日このスタジオに初めてきた私を気を遣ってか、「ヘイニューフレンド、もっと足広げて」だの「手の位置が違う」だのやたらめったら私に厳しいインストラクターがこうまくし立てる。

 

「ヘイ、ニューフレンド!諦めんな!まだポーズはあるぞ!君は日本人だろ!次は君の得意な正座だ!さぁ座って。ビクラムというのはインドの言葉だ。日本でもよく知られているだろう?日本人は真面目で忍耐強いはずだ!!」

 

いや、すいません先生。わたくしそのテンションについていけませぬ…。
トランクス一丁、胸と背中に別々の家紋のような刺青をいれたその男は執拗にわたしを攻めて来る。

 

うつ伏せに体を倒した時、胃が圧迫され一気に吐き気に支配される。


扉を指差し、「出ていいか?」というサインを送ってみる。

 

「あかん、今出たら死ぬぞ!!」
くらいの勢いのスパルタインストラクター。

 

いや、今出なければ死にます。

 

扉をでた瞬間トイレに駆け込み
おえーーーっとでるでる。

 

そしてその後、頭と鼻の激痛が就寝まで続く事になる。

 

他の生徒さんたちは体を心配してくれるのかと思いきや、「最初はみんなそうだから、わたしもしんどかった。でも次は頑張ろうね。」

 

「うーん……失笑。」

 

怒涛の90分が終わり、私のところに来たトランクス家紋は何を思ったのが、「明日もくるよね!ナイストゥミーチュー!!」と去って行った。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

 

 

と、いうわけで。久しぶりのホットヨガは九死に一生を経て幕を閉じたのであった。